ギターのルート音とベース音の違いについて

スポンサードリンク

ギターのルート音とベース音の違いについて

今回は、「ギターのルート音とベース音の違い」についてなんですが、正直自分では明確な答えは出ていません。

 

「じゃー書かなきゃいいじゃん!」とか言われそうですが、ちょっとした違いくらいなら言えるのでちょっと書いていみたい思います。

 

ベース音とは?

 

まずベース音とはなんだろうか?と考えたら、みなさんが考える通りそのコードの一番低い音です。

 

「C」であれば一番低い音の「ド」になります。

 



この赤いところです。

 

「そんなの当然だよ!」なんて声が聞こえてきそうですが、そこをこらえてもうちょっと読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

 

ルート音とは?

 

では、ルート音とはなんだろうか?と考えてみたら、さっきのように「C」であれば「ド」なので、一見ベース音と一緒?と考えてしまいそうなんですが、ルート音はここだけではなく、1オクターブ上の「ド」

この赤い丸の所もルート音になります。

 

ルート音は「根の音」とか言われますが、「ド」は英語でいうところの「C」にあたるので、まさに「C」「ド」「根の音」、「ルート音」と言えると思います。

 

なんか自分でも何を言っているのかわからなくなってきたので、違う例をあげてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

オンコードの場合は?

 

「オンコード」というのがありますが、例えば「C/G」だとしたら、何がベース音で何がルート音だと思いますか?

ダイアグラムを見ると一目瞭然だと思いますが、「C→ド」がルート音で「G→ソ」がベース音ですね?
要するにコードを見るとすぐにわかるのですが、一番左にくるアルファベットが「ルート音」であることがわかります。

 

 

なんか説明になってないような気もしますが、今言えることはとりあえずはこんな感じです。

 

確実に違いがわかったらまた記事を書いてみたいと思います。

 

次の講座「ギターのペンタトニックスケールの覚え方

スポンサードリンク

ギターのルート音とベース音の違いについて関連ページ

全部のバレーコードの覚え方
全部のコードのバレーコードの覚え方について説明しています。
ペンタトニックスケール
ギターのペンタトニックスケールの覚え方について説明しています。