ギターのペンタトニックスケールの覚え方

スポンサードリンク

ギターのペンタトニックスケールの覚え方

今回は、「ギターのペンタトニックスケールの覚え方」についてのご説明していきたいと思います。

 

これからお話することはメジャースケールを覚えないと答えを導き出せないので覚えてない方は、「ギターソロ(単音)を弾こう!Cメジャースケール」のシリーズを覚えてから見ていただくことを推奨します。

 

本題に入る前に覚えていただきたいこと

 

まず、皆さんも当然のように知っている「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」ですが、これを数字に置き換えて覚えてください。(度数表記)

 

ド→「1度」レ→「2度」ミ→「3度」ファ→「4度」ソ→「5度」ラ→「6度」

 

シ→「7度」

これはキーが「C」の場合です。(1度はルートです。)

 

キーが「D」の場合は、・レ→「1度」(D)・ミ→「2度」(E)・ファ#→「3度」(F#) ・ ・ ・

 

キーが「E」の場合は、・ミ→「1度」(E)・ファ#→「2度」(F#)・ソ#→「3度」(G#) ・ ・ ・

 

と、こんな風になります。

 

 

ペンタトニックスケールとは?

 

簡単に言ってしまうと、5つの音で構成されている音階です。

 

ペンタトニックスケールは「メジャーペンタトニック」と「マイナーペンタトニック」の二つがあります。

 

 

〇「メジャーペンタトニックスケール」→4・7抜き長音階(よな抜き長音階)

 

・4・7抜きというのは、4度と7度を無くすということです。(メジャーキー)

 

〇「マイナーペンタトニックスケール」→2・6抜き短音階(にろ抜き短音階)

 

・2・6抜きというのは、2度と6度を無くすという事です。(マイナーキー)

 

と、こんな風に「4・7抜き」と「2・6抜き」という風に覚えておくと忘れないかと思います。

 

※ちなみに「4・7抜き短音階」と「2・6抜き長音階」というのもありますが、別物なのでごちゃごちゃにしないように気をつけてください。

 

 

ペンタトニックスケールは何を基準に考えるのか?

 

結論を先に言いますと、「メジャースケール」を基準に考えると簡単です。

 

最初にも書きましたが、これは覚え方というよりも、導き出し方と言った方が正しいので、この方法はメジャースケールを覚える事が前提になってきます。

 

キーがCで考えると「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」なので、メジャーペンタトニックは、「ファ」と「シ」を無くします。

これがメジャースケールの一部分のポジションなのですが、「ファ」と「シ」に×がついていますね?こんな風に「ファ」と「シ」を無くすことによってCのメジャーペンタトニックに変わります。

 

正直こんな風にキーが変わるごとにいちいち「Cメジャーペンタ」の場合は4度と7度を無くさないといけないから4度が「ファ」・7度が「シ」なんていう風に探すのが非常に面倒なので、最初に書きましたように、度数で考えます。

これが度数で表記した図なのですが、これを見るとわかりやすいかと思います。

 

これから4度と7度を消せばCメジャーペンタトニックスケールの完成です。

 

 

次は「Aマイナーペンタトニックスケール」をご説明してみたいと思います。

これがA(ナチュラル)マイナースケールを度数表示した図ですが、これをさっきも書きましたように「2・6抜き短音階」に当てはめてみると2度と6度をなくす事により、「Aマイナーペンタトニックスケール」に変わります。

 

※Aナチュラルマイナースケールとかって書いてますが、これはCメジャースケールと構成音は一緒です。とりあえずは深く考えないでください。

 

なぜ「Cメジャーペンタトニックスケール」と「Aマイナーペンタトニックスケール」を出したのかと言いますと、「Cメジャースケールそのまとめ」でもお話しましたが、これはこの2つは構成音が同じで「平行調」の関係にあります。なのでこの2つにしました。

 

と、こんな感じで考えると実はそんなに難しくないんだという事がわかるのではないかと思います。ということで、ペンタトニックスケールの覚え方でした。

スポンサードリンク

ギターのペンタトニックスケールの覚え方関連ページ

全部のバレーコードの覚え方
全部のコードのバレーコードの覚え方について説明しています。
ルート音とベース音の違い
ギターのルート音とベース音の違いについて説明しています。